ペットの健康を守る|下痢気味など不調が続く飼い猫にピッタリなキャットフード【栄養を考えた食事】

動物病院のサポートでペットの体調管理を行ないましょう。

清潔にケア

千葉の動物病院では、ペットの健康づくりに力を入れています。病気治療はもちろんですが、病気になる前に定期的にペットの体をチェックして、予防医療としての役割を果たしているのです。病院で専門的な治療や検査を受けることはとても重要なことになるでしょう。しかし、自宅でもペットの健康維持のためにできることがたくさんあります。食事の質にこだわったり、散歩など体を動かすことを継続したりすることも大切です。また、ノミやダニなどを予防するためにも、シャンプーやブラッシングをこまめにしてあげることも有効です。清潔な状態をキープしていれば、病気やトラブルなども防ぐことができるはずです。

ワクチンで予防できる感染症

狂犬病

法律で必ずワクチンの摂取が義務付けられています。発症すると死亡するまでに、凶暴になるなどさまざまな症状が出る病気です。

フィラリア症

フィラリアというのは寄生虫で、フィラリアが心臓に寄生することで病気を発症します。蚊を媒介して伝染していきます。死亡するリスクが高い病気です。

犬パルボウイルス感染症

元気なペットでも犬パルボウイルスに感染すると、急速に体が弱くなり体力が低下します。脱水症状が悪化すると、危険な状態になるといえます。

猫汎白血球減少症

猫汎白血球減少症は、猫パルボウイルスが原因で発症する病気です。高熱や、嘔吐、激しい下痢など辛い症状が出やすいです。高齢や赤ちゃんなど、体力がない猫であればとくに命の危険が高くなります。

ペットの健康を守る

動物と獣医

歯の状態をチェック

最近では、ペットの口腔内についてトラブルが増加傾向にあるといいます。とくに歯周病にかかってしまうペットが多く、千葉の動物病院にも多くの動物たちが治療で訪れています。歯周病は、心臓や腎臓など他の臓器の病気を引き起こす原因ともなりますので、軽視するのは問題です。ペットの息から異臭がしたり、歯茎が腫れていたりすれば、すぐに診察してもらいましょう。

太り過ぎを予防する

飼い主である人間の肥満や生活習慣病が社会問題化していますが、ペットの世界でも同様の現象が起きているといえます。標準よりも太り過ぎているペットが増加しているのです。肥満になると、がんや高血圧などにもなりやすいといわれています。まずは、肥満にならないように、フードを与えすぎないなど予防対策をすることが大切です。適切な内容について早めにドクターに相談してみるのがおすすめです。